ボキッ!と!!

Queen of Sweden(En.R)
08 /11 2009
一昨日お手入れをしていた‘クイーン・オブ・スウェーデン’

枝が・・・・・・・・・・!

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・ 
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

   !!!


!!!!!




根元からポキッと・・・・

折れてしまった!!!
泣き


まさか恐れていたテッポウムシじゃないだろうな ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

と怯えつつ観察するも、
株元におがくずのようなものは落ちていない。
枝が折れた箇所には「陥没したような浅い空洞」はあるものの、
虫が潜んでいそうな穴もあいていない。。

んー。これは…
テッポウムシさんの仕業ではない。と思っちゃっていいのかな。
(そう思いたい^^; )
じゃあ、何が原因なんだろ。
雨がダイレクトに当たる玄関に置いといたからいけないのかな??


イングリッシュ・ローズの中でも特にお気に入りのバラだっただけに、、、
ショック・・・おちこみ

とりあえず、枯れそうな葉を整理して、枝先を軽く剪定して、
ダイアジノンを撒いて土を足し、
あまり雨風の当たらないテラスに移動しておきましたが・・・・

折れた箇所には何か薬の塗布とか、癒合剤とか、した方がいいのかな。。(汗)
どうしよう~ ~ ~



↓ 今年5月に咲いた‘クイーン・オブ・スウェーデン’

‘クイーン・オブ・スウェーデン’2009.5.11撮影



↓ 折れた枝。
折れた箇所からちょんちょんとハサミで切っていったけど・・
やはり虫の入れるような空洞は見つからなかった。。
sweden10.jpg

中の髄(?)まで瑞々しい感じ。
特に黒ホシも見られず、葉も黄色くなってはいるけど落葉するほどでなく…
元気そうなシュートなだけに捨てるのが忍びなく…
ジョーロに挿したまま・・^^;


※テッポウムシ=ゴマダラカミキリムシの幼虫。
カミキリムシはバラのみならず、多くの植物の根元に穴をあけ産卵し、
幼虫は枝の中心部を食い荒らしながら成長し、やがて植物は枯れ死する。




冬に挿し木した薔薇は再び元気を取り戻して来た!

sashiki03.jpg

たくさんあるけど、現在生き残っているのは
ほとんどがつるバラの‘フランソワ・ジュランビル’
丈夫なのね^^;
梅雨にうどん粉とチューレンらしきものにやられて葉っぱが黄色くなってどさっと落ちてしまったけど、
むしっておいたらまた復活!

これ、全部育っちゃったら・・どうしましょう。。(笑)

sashiki04.jpg


台風が来ているそうで・・・
考えようによってはスウェーデン、今のうちに折れといて、良かったのかしら(T∀T)

っていうか、
これからまたお天気が悪くなるのかしら?シンジラレナイ…
昨日のザーザー振りで台風が過ぎたのかと思っていたけど…
また接近しているとか・・

皆様の地方は、被害とか、ありませんか?



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ろこまま