スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「花壇造り」再開

DIY?
04 /07 2008
猫の額ほどの狭い庭のある家に越して来てからもうすぐ2年。
入居から2ヶ月後、ようやく庭造りを着手し始めました。
その時、

庭の土はほとんど使いものにならない粘土とガラだらけだということが判明しました…

穴を掘っては買って来た用土を入れて…
という作業を繰り返し、
地道にやってまいりましたが、まだふかふかの土とは縁遠い状態

まずは多少の悪条件?にも耐えられそうなハーブから植えてみたりしました。
たかがハーブや草花を植えるのにも、調達した土がことごとく足りず、底なし沼のような庭にどんどん吸収されていくようで…
ベランダガーデニングとは勝手が違うんだ!という事をまざまざと思い知らされ、非常に大げさに驚いたりしたものです(笑)
途中から、掘り起こして積み上げたままの粘土もふるいでふるったりして使うことにしました。
だって、これだけ粘土石がゴロゴロ出てくるのだもの・・・・・
全部総取替え、なんて無理!ってもんです!!
いくらかかると思ってるんだ!!!(怒)

そうしてわかった事ですが、固い石やガラはほとんどない、といってもよく、
ほとんどが粘土だということでした。
石と思ってゴムハンマーで叩き割るとパックリ割れて中はブルーの粘土
砂利のような本物の石だったら、色々使い道ありそうなのに…


それでもめげずに土壌改良を続けて一年半・・・
(忙しい春・暑苦しい夏、は休みーの、して(汗))
庭に関しては、まだまだやらなければいけない事がたーくさん山積しています。

今度は、東南の植栽部分です。

久々登場~(笑)mamemo邸昨年までの植栽図
(注:私の技術力不足なだけで「家が分断」されているわけではありません。(笑))

植栽図 2006年冬


これは2006年12月頃までの状態。


++++++++++++++++++++++

このあとどうなったか、の経緯を…。
シラカシとヒイラギはとっくに引っこ抜き…
シラカシのあった場所にはオリーブ‘ミッション’を植えました。
念願だったバラも三株、地植えしました♪
ヒイラギの跡地は・・・芝生もなくしばらく禿になってました^^;

正面左上、グレーの部分は「コンクリート」でした。
ここに私でも簡単♪「なんちゃって花壇」を昨年の秋に作成。
コニファー‘ブルーアロウ’やラベンダー、ツルニチニチソウなどを植えました。
冬の間、薔薇が枯れた時の目隠し用です。
今のところ、目隠しになってるかどうかは・・・微妙、ですけど。(笑)

向かって左の、ブルーヘブン・エメラルド(エレガンテシマ?)ヨーロッパゴールドの列植は、
入居時、家の正面(図の上部分)、道路沿いに植栽されていたものを、バラを植えたいがため、慌てて左側に移したものです。

(入居当時の植栽図 随分植木が多かった!
植栽図 2006年9月
        クリックで拡大してご覧になれます)

慌てたもんだから・・・
ここも土が全然足りず、結果的に芝生より植え込みスペースの方が低く、よく言えばサンクンガーデンみたいになってしまいました…
いや、サンクンガーデンなんて美しいもんじゃない!!
水はけ悪く雨後は何日もジメジメし、雑草のはびこる鬱蒼とした場所となってしまったのです。

「ここを何とかしなければ・・・」
「そうすれば、好きな植物も植えられるし、ワンの足もドロドロにならない・・・かも?」
その思いはずっと頭にあったけど、花壇材はどれがいいか?値段がはるのは予算オーバーだし…とか、いくら安いからってあまり見栄えの悪いのもなんだか…とか、
「とにかく、私一人で出来るようなものでなくては!」なんて考えていたら、迷ってしまって・・・
が、ようやく先が見えてきたので重い腰を持ち上げる事に・・・


花壇と言っても、大したものじゃありません。
ようは、少しだけ土を「かさ上げ」して、少しでも「水はけを良く」し、「土留めと芝止め」の役割を果たしてくればいいんです!
とにかく酷い粘土土が悩みのタネだったので「土壌改良」が一番の目的です。

用土はすべて、ネットで宅急便の人に運んでもらう事にしました。
自分で買いに行くと、一度に持てる量がたかだか知れてますからね。
それからホームセンターでブリックエッジャーというレンガ4枚連結した花壇材を、並べられていただけ全部(13個)買いあさってきました。
あまりの重さにカートを押すのも車に詰め込むのもしんどかったけど(泣)花壇材は、半分だけ買って残りが手に入らなくなったら大変だもんね。

花壇、というより「芝生止め兼土留め」


やっと、一番東側の一角だけ耕した時の様子。(でもここが一番広くて大変な場所な場所だったの
芝生を剥いで、穴を掘って、土はブルーシートの上にいったん積み上げます。
一番下にはまんべんなく薄っすらとダイアジノンを、念の為。
赤玉中粒・小粒・腐葉土・堆肥・パーライト・・・このままでは大量に土を使ってしまいそう…
なので、掘り起こした土もふるいにかけて使います。
芝をはぐのも穴を掘るのも、けっこう大変な作業だけど…
私はこの「土ふるい」の作業が一番大嫌い!キーラーイーー!!
それに、昨年造園業者さんに奥の花壇を作ってもらった時に黒土をてんこもり入れてお帰りになり^^;  おまけに、余った黒土をサービスのつもりだと思うけど地面にばら撒いて行ったもので…
私は花壇の土はブレンド土がいいし、黒土はふるいの目を通らないのでやりにくいったら…
どうせサービスなら、袋のまま置いていって欲しかったな~。(笑)

でもね…。こんなネバネバ粘土でも、ありがたくいただいた黒土でも、何割かは混ぜないとまた土が足りなくなってサンクンガーデンになっちゃうもんね。(笑)
穴を掘れば例によってコガネの幼虫がウジャウジャ・・・気持ち悪ー!
テデトールとフンヅケールは相変わらず出来ないけど、シャベルデトールなら出来るようになったので(自慢)捕獲して可燃ゴミへアバヨ! コガネムシめ!

ふるいの利点は、ちびコガネすら容赦なく捕殺できる点にあるかもしれません。(笑)
こうなるともう、相当な手間がかかるので、ふるいを通らなかった粘土の塊は土のう袋に詰め込んでまとめて業者に引き取ってもらう事にしました。

先月の誕生日は大変でした…。
いざ、大穴を掘ったところで天気予報を見たら「明日から雨」と…。(泣)
「やばいじゃん」頑張ってふるって混ぜてふるって混ぜて・・・・体が痛い・・・
肩と背中と腰が一枚板のようになり動けなくなりました。。
おかげで、午後は寝たきりになりました。せっかくの誕生日に…(涙)
整形に行きたいです。。
なんだか一年前にも同じ様な記事を書いたような気がします。(笑)

おかげで一番広くて大変な場所はなんとか作業が終わりました
これからは、ゆっくり作業を進めていきます…

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ろこまま

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。